おしゃれなワンちゃんに!服を着せてあげましょう

TPOを考えた服選び

短毛種やチワワなど、寒さに弱い犬種にとって服は必需品ですね。真夏だってエアコンの冷気にブルブル・・・なんていうこともあります。でも、いつでもどこへゆくのも同じ服ではかわいそう!ですから、わんちゃんもTPOに合わせて服を選んであげましょう。おしゃれな服を着たらお出かけができる!とすぐに気づくようになって、飼い主さんとのお出かけが楽しみになりますよ。逆に普段おうちにいるときはTシャツなどのカジュアルなものを着せてあげると動きが楽になって快適です。

小型犬だけじゃない!

服を着ている犬というと、抱っこされている小型犬をイメージしませんか?実は来るまでのお出かけやよそのお宅に伺うときには、体の大きな犬ほど服が必要になってきます。どんなに気を付けていても犬の毛は抜けやすいものです。背中とお腹が覆われているだけでも抜け毛の60%を落とさずに済むという説もあります。車のシートやよそのお宅の床を毛だらけにしないためにも、普段から出かけるときには服を着せるクセをつけておくといいかもしれません。

老後や術後を考えて、若いうちから

犬も歳を取ると寒さが骨身にしみてきます。そんなときに防寒になるのが服です。ところが老犬になってから服を着せようとすると嫌がる子が多くいます。慣れなと窮屈で、逆にストレスになってしまうのでしょう。また、病気で手術をした後は術後衣を着せられた理、体に包帯を巻かれたりします。服を着慣れていない犬はそれさえもストレスになってしまい、傷口がなかなかふさがらなくなってしまう恐れがあります。そういったことを防ぐためにも、毎日ではなくても機会があるごとに服を着る習慣をつけてあげてください。

犬の服は色々な種類があり、好みのものを選ぶことが可能です。例としては、カラフルなものやドット柄などがあります。