環境にも、家にも、人にもやさしい、壁面緑化

壁面緑化について知ろう

壁面緑化は、近年、都会のヒートアイランド化対策のエコな方法として注目されているものです。壁面緑化というと、アイビーなどを這わせた緑に囲まれた家が思い浮かび、ロマンチックなイメージで素敵ですよね。また、ほかにも、夏の間だけ朝顔やゴーヤ、ヘチマなどを使って涼を得るというのも壁面緑化として知られています。しかし、どちらにしても、メリットと同時にデメリットもあり、始めるならそれぞれについてよく知っておく必要があります。

壁面緑化のメリットとは

壁面緑化の一番のメリットは、自然の空調として作用することです。暑い夏には、植物から発生する水蒸気で気温が下げられるほか、緑のカーテンとして用いれば、室温にも大きく影響して冷房費の節約にもつながります。建物を直射日光の高熱や紫外線から守り、劣化を防ぐ働きもあります。冬には、その水蒸気が乾燥をやわらげ、周辺に潤いを与えてくれます。また、緑色には、リラックスや癒しの効果があるといわれているので、緑に囲まれて穏やかな気持ちで過ごせるということも期待できます。

壁面緑化のデメリットとは

壁面緑化のデメリットは、まず、植物の世話が必要なことです。枯れた植物に覆われてしまっては、何の意味もなくなってしまうので、定期的な水やりはもちろん、害虫の駆除や外観をきれいに保つための手入れなどをしなければならない場合もでてきます。そのため、初期費用のほかに、メンテナンス費用がかかってくることも考えられます。また、緑化の仕方によっては、重量などで建物に負担をかけてしまうこともあり、補強が必要なこともあります。ただしコスト面については、自治体などの補助が出ることもあるので、利用できるか調べてみるとよいでしょう。

壁面緑化は建物の断熱性を向上させる効果があるので室温を安定させて光熱費を抑えることが可能になります。その一方で緑化に使用する植物を枯らさないように管理に気を配る必要があります。