暑い夏の対策は!?屋上緑化について知りましょう

屋上緑化とはどんなものでしょう

「緑のカーテン」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。緑、つまり植物を使って日差しの強い暑い夏の対策をすることを言います。屋上緑化もその一つであり、建物に太陽の直射日光から建物の気温を上げないようにするものです。太陽の直射日光が当たることによって室内の気温はどんどんと上昇します。そこでエアコンなどを使って部屋を冷やしても環境には悪影響を与えてしまいます。なので、屋上緑化などをして直射日光を遮るのです。

屋上緑化をどのようにしましょう

太陽の直射日光が直接当たる屋上に植物を育てましょう。特にゴーヤやキュウリなどのつる性の植物にするとたくさんの面を緑で覆うことができるのでとても適しています。また初心者でも育てやすい植物でもあるのではじめやすいという利点もあります。植物で屋上を覆うと建物に直射日光が当たらず、室内の温度を上がらないようにすることができます。また、エアコンなどの設定温度も低くすることができるので環境にも優しいですし、電気代もかからずにすみます。

屋上緑化な挑戦しよう

屋上緑化をするには植物を育てなくてはいけません。植物には水をやることが必要です。暑い夏に植物に水をあげることは打ち水のような効果があり、それだけでも涼しくなります。また、植物を育てることは子供にとって良い教育になりますし、緑はリラックス効果も期待できます。つる性の植物は実のなる植物が多いので、その実を使って調理をすることもできますし、食育をすることもできます。屋上緑化を利用して上手に夏を乗り越えましょう。

屋上緑化を長持ちさせるためには土壌の適切な管理が重要になります。肥料の量を調節する他、水はけを良くして根腐れを防ぐことが樹木や芝生を丈夫に育てることに繋がります。