アナログな魅力を再発見!機械式時計を使ってみよう

機械式ならではの魅力とは

時計というと、現代で主流になっているのは、デジタルやクォーツ式などのものですが、これらは動力として電池が必要なため、電池切れになると使用することができません。これに対し、機械式時計は、ゼンマイによって駆動する構造になっており、電源がなくても使用することができるのが特長です。時計の内部には非常に精巧な機械が数多く使用されており、整然とした各機械の動きは見ていても飽きの来ないものです。非常に高い技術を用いられており、時を刻むという実用面だけでなく、美術品や工芸品のような魅力を持っているものです。

手間も楽しみの一つです

機械式時計のゼンマイを巻く仕組みとしては、竜頭を手巻するものと、腕を振ることでゼンマイを巻くことができる自動巻きと呼ばれるものがあります。実用面で言うと、自動巻きの方がいちいち時計をはずさなくてもゼンマイを巻くことが出来るので便利ですが、機械式時計の愛好者の中には手巻きの手間を楽しむという人も多くいます。一日のはじめにゆっくりとゼンマイを巻くのは、ある意味儀式の様な趣もありますし、愛着を更に深める行為とも言えます。

大切に使えば長持ちします

機械式時計は、その精巧な構造から、定期的なメンテナンスや手入れが欠かせません。この点もデジタルやクォーツ式とは違い、自分でメンテナンスをするということは簡単ではありません。また、機械式時計は構造上長く使用しているとどうしても内部の機械が摩耗してくるので、長く使い続けるのであれば、数年に一度はオーバーホールをするのがおすすめです。きちんとしたメンテナンスを行なうのであれば、経験があり、技術も優れた専門店に任せるのが安心です。

ウブロは高級時計ブランドなので、つけているだけで社会人としての風格が出ます。なぜなら、高級な時計は信頼や収入を象徴するからです。